曇遷(読み)どんせん(英語表記)Tan-qian

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

曇遷
どんせん
(542―607)

中国、南北朝末から隋(ずい)代にかけて活躍した仏教学者。36歳のとき、北周武帝による仏教迫害を逃れて南中国建康(けんこう)(南京(ナンキン))に行き、道場寺にあって、真諦(しんだい)の訳出した『摂大乗論(しょうだいじょうろん)』を中心とした唯識(ゆいしき)学を学び、のちその注釈書をつくった。『摂大乗論』の学説が華北の仏教界に知られるようになったのは、ひとえに彼の功績であるといわれる。『摂大乗論疏(しょ)』『亡是非論(ぼうぜひろん)』『大乗起信論疏』などの著述がある。そのほか、古来、天台慧思(てんだいえし)と伝えられる『大乗止観法門』の作者も、この曇遷ではないかと考えられる。

[柏木弘雄 2017年3月21日]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

野球の用語

アウトサイド・コーナー outside corner 打者から見て本塁上の遠い側。外角。和製英語ではアウトコーナーともいう。アシスト assist打者が打った球を捕球後にある塁に送球し走者の刺殺を間接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android