コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

曇遷 どんせん Tan-qian

2件 の用語解説(曇遷の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

曇遷
どんせん
Tan-qian

[生]大統8(542)
[没]大業3(607)
中国,隋の摂論宗を北中国に広めた僧。北周の武帝の迫害を逃れて南中国に行き,真諦の訳した『摂大乗論』を入手,隋代にその注釈書を作った。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

曇遷
どんせん
(542―607)

中国、南北朝末から隋(ずい)代にかけて活躍した仏教学者。36歳のとき、北周武帝による仏教迫害を逃れて南中国建康(けんこう)(南京(ナンキン))に行き、道場寺にあって、真諦(しんだい)の訳出した『摂大乗論(しょうだいじょうろん)』を中心とした唯識(ゆいしき)学を学び、のちその注釈書をつくった。『摂大乗論』の学説が華北の仏教界に知られるようになったのは、ひとえに彼の功績であるといわれる。『摂大乗論疏(しょ)』『亡是非論(ぼうぜひろん)』『大乗起信論疏』などの著述がある。そのほか、古来、天台慧思(てんだいえし)と伝えられる『大乗止観法門』の作者も、この曇遷ではないかと考えられる。[柏木弘雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

曇遷の関連キーワード大仰・大形・大業大業物大業没・歿勃・歿・没三角数経国大業緊急勅令542号《定大業》

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone