コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

月球儀 ゲッキュウギ

4件 の用語解説(月球儀の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

げっきゅう‐ぎ〔ゲツキウ‐〕【月球儀】

月の表面のようすを球面に表した模型。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

げっきゅうぎ【月球儀 moon globe】

月の表面のクレーターや山脈,海などの地形を球の表面に記した模型。地球儀に対応する呼名である。月は地球につねに同一の半面のみを向けているので,反対側のいわゆる月の裏側は見ることはできない。しかし,この裏側も1959年10月にソ連のルナ3号探査機によって初めて撮影され,また66年から67年にかけて5回にわたって打ち上げられたアメリカのルナ・オービター探査機によって月の全面にわたる詳細な写真撮影が行われた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

げっきゅうぎ【月球儀】

月の模型。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

月球儀
げっきゅうぎ
moon globelunar globe

球体面の上に、月面と同様な地形や模様を書き入れたり彫刻したりした月の模型。1959年にソ連の月探査機ルナ3号によって月の裏側の写真が撮影されるまでは、人類は月の半面しか見ることができなかったので、月球儀は半面のみしかつくることができなかった。1966~1978年の5個のアメリカの月探査機ルナ・オービタの活動によって、月のほぼ全面の詳細な近接写真が地球上にもたらされ、月全面についての精密な月球儀の作製が可能となった。月球儀は地球儀と異なり、特別な軸によって支えられることはない。普通、球体に月面地形を印刷した紙を貼(は)り付けて製作するが、東京・上野の国立科学博物館にあるものは石膏(せっこう)の表面を彫刻してつくったものである。[関口直甫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

月球儀の関連キーワードクレーターレーク国立公園レークレーターナレータープレーヤーモータースクレーパー新東ブレーターミルクレープ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

月球儀の関連情報