コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

月面図 げつめんずselenograph

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

月面図
げつめんず
selenograph

月の表面の地勢を表わした地図。従来は地球からの観測だけの直射投影図がすべてであったが,人類の月面到着と無人探測機の写真撮影によって,地球と同様な図がつくれるようになった。月面上の暗い部分は月の海と呼ばれ,暗色の平原である。月の地形上最も顕著なものはクレータの存在で,これはガリレイによって初めて観測された。現在では月面上の多くのクレータに科学者などの名がつけられている。 1960年代以前は,月面図の多くは望遠鏡で見たとおりに南極が上になるように書かれていたが,現在では地球の地図と同じように北極が上に書かれる。月面図の経度の原点は,月面の中心部にある「中央の入江」のなかの一地点にとっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

げつめん‐ず〔‐ヅ〕【月面図】

月の表面の地図。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

げつめんず【月面図】

地球の地図と同様に月の表面の地形を記した地図。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

月面図
げつめんず

月の表面の地形や模様を描いた図。世界最初の月面図は、磁石の研究で有名なイギリスのギルバートが1603年に肉眼で月を観察して描いた。ガリレイは1609~1610年に望遠鏡で月を観測して図を描いたが、イギリスのハリオットThomas Harriot(1560―1621)もこれと同じ時期に同様な方法で月面図を描き、時期的にはガリレイよりやや早いといわれている。その後シャイナーは1612~1613年に、マラパート(1581―1630)は1616年に月面図を発表し、17世紀の中ごろまでに数多くの月面図がつくられ、現在もますます精密な月面図がつくられている。1966年から1967年にかけてアメリカの月探査機ルナ・オービタによって月のほとんど全表面が写真撮影されて、月の裏側も含めて全表面の月面図が作製され、またこの資料を使用して、NASA(ナサ)が精密な月面地形図をつくった。[関口直甫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

月面図の関連キーワードフィリップ・ヨハン・ハインリッヒ フアウトウォルター グッデーカー天文学史(年表)グリマルディヘベリウス地図帳

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

月面図の関連情報