コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

有久寺温泉 ありくじおんせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

有久寺温泉
ありくじおんせん

三重県南部,紀北町にある温泉。泉質硫黄泉泉温は 10℃。鎌倉時代から霊泉として知られ,胃腸病,神経痛皮膚病などにきくといわれる。宿の近くに薬師堂がまつられ,ひなびた湯治場の雰囲気をもつ。静養客や療養客の利用が多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

有久寺温泉
ありくじおんせん

三重県南部、北牟婁(きたむろ)郡紀北(きほく)町にある冷泉。硫黄(いおう)分を含み、神経症、皮膚病に効くとされ、近郷の人々の湯治場として古く利用されてきた。ひなびた温泉宿が1軒ある。JR紀勢本線紀伊長島駅からバスで7分、有久寺口で下車、さらに徒歩15分。[伊藤達雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

有久寺温泉の関連キーワード紀伊長島

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android