コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

有村連寿尼 ありむら れんじゅに

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

有村連寿尼 ありむら-れんじゅに

1809-1895 江戸後期-明治時代の女性。
文化6年6月10日生まれ。薩摩(さつま)鹿児島藩士有村兼善の妻。海江田(かえだ)信義,有村雄助,有村次左衛門の母。桜田門外の変で死んだ雄助,次左衛門の性格形成におおきな影響をあたえた。税所敦子(さいしょ-あつこ)に和歌をまなび,津崎矩子(のりこ),大田垣蓮月らと親交があった。明治28年10月2日死去。87歳。名はれん。
格言など】雄々しくも君につかふるますらをの母てふものはかなしかりけり(息子ふたりをいたむ歌)

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

367日誕生日大事典の解説

有村連寿尼 (ありむられんじゅに)

生年月日:1809年6月10日
江戸時代後期;明治時代の女性。桜田門外の変の有村兄弟を育てた母
1895年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

有村連寿尼の関連キーワード有村次左衛門有村雄助津崎矩子明治時代

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android