コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

税所敦子 さいしょ あつこ

5件 の用語解説(税所敦子の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

税所敦子

歌人。京都生。宮家付の武士林篤国の子。鹿児島藩士税所篤之の妻。別名に喜代・春野、通称は千代瀬・楓内侍。千種有功に歌を学んで桂園派と交わる。夫と死別後、高崎正風の推挙で宮中に入り権掌侍に任じられ、貞明皇后昭憲皇太后に仕え、女官に歌文を教えた。家集に『御垣の下草』、随想に『心づくし』等。明治33年(1900)歿、76才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

さいしょ‐あつこ【税所敦子】

[1825~1900]歌人。京都の生まれ。宮内省に出仕、皇后(昭憲皇太后)に歌道をもって仕えた。歌集「御垣(みかき)の下草」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

税所敦子 さいしょ-あつこ

1825-1900 幕末-明治時代の歌人。
文政8年3月6日生まれ。鹿児島藩士税所篤之(あつゆき)の妻。千種有功(ちぐさ-ありこと)にまなぶ。夫と死別後,藩主島津家や京都近衛(このえ)家につかえた。明治8年宮内省にはいり,楓内侍(かえでのないし)とよばれ,皇后の歌の相手をつとめた。明治33年2月4日死去。76歳。京都出身。著作に「心つくし」,歌集に「御垣(みかき)の下草(したくさ)」。
【格言など】仏にもまさる心と知らずして鬼婆なりと人は言ふらん(鬼婆とあだ名された意地悪な義母にこわれてよんだ歌)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

税所敦子

没年:明治33.2.4(1900)
生年:文政8.3.6(1825.4.23)
明治時代の歌人。京都生まれ。旧姓林。幼少より歌の名手となることを願う。千種有功に桂園派の和歌を学ぶ。28歳で夫篤之に死別したのち,十数年間,島津家,京都近衛家に仕えた。明治8(1875)年51歳で皇后の歌のお相手として宮中に出仕。権掌侍となり楓内侍を名乗った。亡くなるまでの26年間,精勤した。温雅な歌風の旧派を代表する歌人であり,歌集『御垣の下草』(1888年12月)は,当時旧派詠歌入門の典範とされ,没後同書後編(1903年5月)が編まれた。ほかに紀行文集『心つくし』(1853),『内外詠史歌集』(1895)などがある。

(北田幸恵)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

税所敦子
さいしょあつこ
(1825―1900)

歌人。京都生まれ。旧姓林。夫の薩摩(さつま)藩士税所篤之(あつゆき)と死別後、鹿児島で藩主の幼君の保育にあたり、ついで京の近衛(このえ)家に老女役を務めた。1875年(明治8)宮内省に入り、権掌侍楓内侍(ごんしょうじかえでのないし)として歌道により奉仕した。高齢の身で精勤したが急逝し、青山墓地に葬られた。桂園(けいえん)派風の平明高雅な歌風である。紀行『心つくし』、歌集『御垣(みかき)の下草』、編著『内外詠史歌集』がある。
 雨はれて虹(にじ)たちわたる夏雲の青葉がうへになくほととぎす[新間進一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

税所敦子の関連キーワード細辻昌雄三輪貞信尼尾崎宍夫三浦貞信井関照子斎田佐枝子関橋守玉野花子遠山稲子毛呂清氏

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone