コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

有棘細胞癌 ゆうきょくさいぼうがん squamous cell carcinoma (epithelioma)

1件 の用語解説(有棘細胞癌の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

有棘細胞癌
ゆうきょくさいぼうがん
squamous cell carcinoma (epithelioma)

皮膚癌の一つ。臨床的には腫瘍が結節状,潰瘍状あるいは花キャベツ状に増殖し,特有の悪臭を放ち,しばしば所属リンパ節に転移する。顔面,手背などの露出部に生じるほか,ケロイド,瘢痕,放射線皮膚炎尋常性狼瘡円板状紅斑性狼瘡,いぼ状表皮発育異常症,色素性乾皮症ウェルナー症候群,外陰萎縮症などの病変を母地として,有棘細胞癌が発生する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の有棘細胞癌の言及

【皮膚癌】より

…皮膚を構成する表皮細胞や,汗腺,脂腺,毛包などの皮膚付属器から発生する癌をいう。有棘(ゆうきよく)細胞癌と基底細胞癌が代表的なもので,汗腺癌,脂腺癌などはきわめてまれなものである。このほか,癌細胞が表皮内のみにとどまっているものを表皮内癌といい,日光角化症,ボーエン病,乳房ページェット病,外陰部ページェット病がある。…

※「有棘細胞癌」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

有棘細胞癌の関連キーワード陰茎癌皮膚癌癌腫シクロヘキシミド腫瘍発生多結節片麻岩黒色腫胆道癌臨床的死臨床的診断

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone