コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

服部幸三 はっとりこうぞう

百科事典マイペディアの解説

服部幸三【はっとりこうぞう】

音楽学者。専門は西洋音楽史鹿児島市に生まれる。東京大学法学部卒業。東京芸術大学教授。バロック音楽研究の第一人者で日本における音楽学の確立に貢献,著作や放送番組を通じて啓蒙普及にも尽力した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

服部幸三 はっとり-こうぞう

1924-2009 昭和後期-平成時代の音楽評論家。
大正13年3月10日生まれ。昭和34年西ドイツに留学し,バロック音楽を研究。45年東京芸大の教授となり,61年音楽学部長。その間FM放送でバロック音楽の解説を担当,バロック音楽の普及に貢献。51年から音楽学会会長もつとめた。平成21年10月8日死去。85歳。鹿児島県出身。東大卒。著作に「西洋音楽史 バロック」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

服部幸三の関連キーワードシュプレヒシュティンメピアノ(楽器)テレマングルック

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android