コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

音楽学 おんがくがく musicology

翻訳|musicology

5件 の用語解説(音楽学の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

音楽学
おんがくがく
musicology

音楽に関する学問的研究。もともと音楽を意味する「ムシカ」 musicaは,作曲や演奏のような実践面のみでなく,理論的側面や研究も含むものであったが,19世紀末以降の現代的科学の発展に伴い,音楽を対象とした科学の成立が要請され,音楽学という言葉が生み出された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

おんがく‐がく【音楽学】

音楽をあらゆる側面から研究する学問の総称。音楽理論・音楽史・音楽美学・音楽音響学・音楽心理学音楽社会学などを含む。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

音楽学【おんがくがく】

音楽に関する学問研究の総称。今日のように体系的な科学として確立されたのは,19世紀後半のヨーロッパにおいてである。現在その中心的分野となっているのは音楽史学で,ほかに音楽美学,音楽心理学,音楽音響学,音楽社会学,音楽教育学などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

おんがくがく【音楽学】

音楽史学・音楽美学・音楽心理学・音楽社会学・音楽音響学・楽器学・民族音楽学など、音楽に関する一切の学問研究を総括する名称。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

音楽学
おんがくがく
Musikwissenschaftドイツ語
musicology英語

音楽をその内包と外延のすべての局面において、通時的ないし共時的な観点から研究する学問。測定、記述、分析、総合というミクロからマクロへ向かう実証的経験的方法と、逆にマクロからミクロへ向かう直観的認識に基づく方法とが原理的に区別されるが、現実には対象、観点、方法いずれにおいても単一ではありえない。それは、音楽が文化的事象としての演奏だけでなく、伝承と伝播(でんぱ)においても、時間の流れと空間の広がりに依存しているからである。換言すれば、音楽学は、民族や時代によって相対的に異なる音楽文化の諸相を個別的に把握すると同時に、個を越えた普遍的な本質を明らかにすることを最大の目的としている。具体的には、音響とその組織化として獲得される音楽構造、それを取り囲む社会的文化的脈絡、そしてこれらすべてにまつわる歴史的脈絡が研究課題となる。[山口 修]

起源と歴史

音楽についての認識ないし知識、すなわち広義の音楽理論は、論理と表出の違いこそあれ、すべての民族・時代の音楽文化の基底として存在してきた。そのなかでも特筆すべきものとして、古代の中国とギリシアで展開された数理的および倫理的立場からの音楽論、古代インドの『ナーティヤ・シャーストラ』を代表とする総合的音楽論、中世ヨーロッパの修道院・大学で自由七科の一つとして教授された教会音楽論、その後ヨーロッパで19世紀に至るまで記譜法・作曲法の多様な展開と並行して続々と現れた理論的、楽器学的、美学的、歴史的な著述などがあげられる。ヨーロッパでは、近代的な意味での学問体系が整備される一般的動向の一環として、19世紀後半のドイツにおいて音楽学が独立した学問として初めて認識された。20世紀前半にはこれがフランスとアメリカ合衆国でも定着し、徐々に他の諸国にも波及していった。その過程において顕著になってきた傾向は、人類の音楽文化のなかで西洋音楽とその歴史が果たす役割の大きさの認識が、絶対主義的から相対主義的へと移行してきたという事実、そして音楽を内包においてのみならず外延において理解することの重要性が主張されるようになったことである。
 現在多方面にわたって行われている音楽学研究を以下に大まかに分類整理する。[山口 修]

本質論としての音楽学

音響そのものの自然科学的研究に携わる音響学との連携によって音楽音響学が遂行され、その成果が音刺激に対する人間の反応という観点から活用されると、音響心理学の分野になる。さらに、ばらばらに切り離された音ではなく、様式的に現存の文化に関連づけられた音楽的刺激(旋律やリズム)に対する反応を観察分析するのは音楽心理学である。弁別、記憶、学習といった音楽行動の実験的研究もここに含まれる。音楽様式がその表現内容、美的価値、思想的背景などとの関連において論じられるのは音楽美学においてである。音楽哲学という性格をも備えたこの分野は、諸民族が音楽に託していかなる世界観、宇宙論、存在論、神学、形而上(けいじじょう)学、現象学、形而下学を表現してきたかを探る任務を帯びている。[山口 修]

文化学としての音楽学

特定の自然環境や風土と音楽特性の間に因果関係をみいだそうとするのは、音楽環境学ないし音楽生態学である。これと似た形で、社会構造と音楽構造との相互関係を多角的に追求するのが音楽社会学である。音楽社会学は音楽家および受容者が個人・集団のレベルで示す音楽行動を、家族・共同体・国家といった社会単位や、祭儀・政治・経済などの制度的側面から研究するのであるが、方法としては、社会調査を基礎にした経験社会学、そして社会的に条件づけられた音楽生活のなかでの心理を扱う社会心理学の傾向が出ている。こうした方法を複数の民族について、とくに異なる文化価値を是認する文化的相対主義の立場から駆使してきたのが音楽人類学ないし民族音楽学である。[山口 修]

歴史学としての音楽学

音楽史学とよばれる分野は、世代から世代、時代から時代へと移行するにつれて変遷する音楽とその社会的脈絡の構造を、相対的に異なる時代風潮の所産あるいは歴史的現在として把握する一方、時代の経過にもかかわらず一貫して流れる共通の特性を見極めることも目的としている。そのための資(史)料としては、従来は文字資料(文献・古文書)、楽譜、図像資料(美術品の一部として)などに限られていたが、最近では、文字化されない口伝(くでん)的側面、およびその集団による伝承と解釈の結果としての演奏、ないしその録音録画資料をも、十分に批判的吟味を加えながら積極的に利用する必要が唱えられ、かつ実践に移されている。これはグローバルなコミュニケーションが進行する20世紀後半にあって、多様な音楽様式に触れることによって可能となった視点の転換であるといえよう。[山口 修]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

音楽学の関連キーワード芸術学英学音楽隊楽書学問的奏楽袂別音大分析疫学ホルンボステル

音楽学の関連情報