コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

望診 ボウシン

デジタル大辞泉の解説

ぼう‐しん〔バウ‐〕【望診】

漢方で、四診の一。顔色の色・肌のつや・肉付きなどを目で見て診察する方法

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぼうしん【望診】

漢方で、四診の一。患者の様子や舌の状態を肉眼で観察して行う診察法。全体的な挙動から精査すべき部位を把握する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の望診の言及

【四診】より

…中国伝統医学(日本の漢方医学も含める)で用いられている望,聞,問,切の4種の診断法をいう。望とは視診であって,黄疸とか皮膚の発疹の観察のように西洋医学と共通するものもあるが,栄養状態とか皮膚の色沢などから患者の一般状態を判断し,それを治療に大きく反映させるという,より積極的な意義ももっている。外観のほかに重視されるのは舌診であって,舌苔の状態が細かく分類されている。聞診は患者の咳や呼吸音,胃部の振水音などによる診断法であるが,音声の力の有無によって状態を判断するなど,西洋医学と違った点もある。…

※「望診」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

望診の関連キーワード無診査保険漢方医学経絡治療鍼灸医学漢方薬脈診肉眼挙動部位漢方患者様子

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android