聞診(読み)ブンシン

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 漢方で、四診と呼ばれる四種の診断法の一つ。医師の聴覚と嗅覚より得られる情報による診断法で、患者の声、咳喇、腹鳴、振水音、体臭、排泄物や分泌物の臭いなどがその対象となる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の聞診の言及

【四診】より

…外観のほかに重視されるのは舌診であって,舌苔の状態が細かく分類されている。聞診は患者の咳や呼吸音,胃部の振水音などによる診断法であるが,音声の力の有無によって状態を判断するなど,西洋医学と違った点もある。口臭,体臭などのにおいをかぐのも聞診にはいる。…

※「聞診」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android