コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朝する チョウスル

デジタル大辞泉の解説

ちょう・する〔テウする〕【朝する】

[動サ変][文]てう・す[サ変]
向かっていく。達する。
「大声天に―・する如き勢を以て」〈百閒・百鬼園随筆〉
朝廷に出仕する。参内(さんだい)する。
「天下の士を―・せしめんずる処を」〈太平記・三〉
朝廷に貢物をする。朝貢する。
「斉、楚、秦、趙も悉く―・せずと云ふ事あるべからず」〈太平記・四〉
川が海へ流れ入る。朝宗する。
「浦曲より巨海に―・する咽喉(のどくび)たり」〈読・八犬伝・三〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちょうする【朝する】

( 動サ変 ) [文] サ変 てう・す
参内して天子にまみえる。主君に謁見する。 「北に恐山一群の山、みな遥に我に-・するが如し/十和田湖 桂月
朝廷にみつぎ物をする。朝貢する。 「斉・楚・秦・趙も悉く-・せずと三事有べからず/太平記 4
川の水が海に注ぐ。 「河水の海に-・するに似たり/滑稽本・根無草後編」
向かう。 「大声天に-・する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

朝するの関連キーワード崇福寺(長崎市)空海/弘法伝説隠元隆琦福島安正高峰顕日桂庵玄樹川原慶賀卜部氏貢調使風信帖李寧来朝狩衣李真廃朝覚阿帰朝

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

朝するの関連情報