コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木戸孝範 きど たかのり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

木戸孝範 きど-たかのり

1434-? 室町時代の武士,歌人。
永享6年生まれ。下野(しもつけ)(栃木県)足利庄木戸郷を本拠とし,代々関東管領(かんれい)の重臣。堀越公方(ほりこしくぼう)足利政知(まさとも)につかえ,京都で冷泉持為(れいぜい-もちため)に師事。のち心敬(しんけい),太田道灌(どうかん)とともに関東の歌壇を指導した。文亀(ぶんき)2年(1502)以降に死去したという。号は羅釣翁。歌集に「孝範集」,著作に「自讃歌注釈」など。
【格言など】このごろの月こそあらめ見し友を霞へだててすむ世なりけり(「孝範集」)

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

木戸孝範の関連キーワード永享条約ビータウタスウワディスワフ2世ヤギェウォブルネレスキブルネレスキヤギェウォ朝新書ブーム経済同友会足利成氏足利義勝

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android