コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木戸孝範 きど たかのり

1件 の用語解説(木戸孝範の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

木戸孝範 きど-たかのり

1434-? 室町時代の武士,歌人。
永享6年生まれ。下野(しもつけ)(栃木県)足利庄木戸郷を本拠とし,代々関東管領(かんれい)の重臣。堀越公方(ほりこしくぼう)足利政知(まさとも)につかえ,京都で冷泉持為(れいぜい-もちため)に師事。のち心敬(しんけい),太田道灌(どうかん)とともに関東の歌壇を指導した。文亀(ぶんき)2年(1502)以降に死去したという。号は羅釣翁。歌集に「孝範集」,著作に「自讃歌注釈」など。
【格言など】このごろの月こそあらめ見し友を霞へだててすむ世なりけり(「孝範集」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

木戸孝範の関連キーワード御末衆蘆名盛政意雲一色持信梅沢憲益尭誉桂久高築次郎左衛門東氏数東師氏

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone