コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木曾岬[町](読み)きそさき

百科事典マイペディアの解説

木曾岬[町]【きそさき】

三重県北東部,桑名郡の町。1989年町制。木曾川下流東岸の輪中(わじゅう)集落で,近年まで西の木曾川,東の鍋田川に挟まれた紡錘形の孤島だったが,1959年の伊勢湾台風の災害復旧で鍋田川を上下流で締め切り陸続きになった。耕地のほとんどが海抜0m以下。名古屋と四日市を結ぶ名四国道が開通。米作のほかハウス野菜やトマト,メロンなどの施設園芸が盛ん。15.74km2。6855人(2010)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きそざき【木曾岬[町]】

三重県北東部,桑名郡の町。1989年町制。人口7231(1995)。木曾川河口の三角州地帯にある輪中集落。古い集落は1585年(天正13)の大地震で覆没し,現在の集落は寛永年間(1624‐44)に知多半島から移住して成立した。以前は西の木曾川,東の鍋田川に挟まれた紡錘形の孤島であったが,1959年の伊勢湾台風の災害復旧で鍋田川が廃川となり,愛知県と陸続きになった。民家は堤防内高地と内部微高地に集まり,耕地には排水機を設置するなど水害対策に努力している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報