コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木村浩 きむらひろし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

木村浩
きむらひろし

[生]1925.3.8. 東京
[没]1992.10.30. 静岡,清水
ロシア文学者。1945年東京外国語大学ロシア語科を卒業。法政大学,横浜市立大学,東京大学で講師を務め,1987年静岡県立大学教授に就任。1960年代からロシア文学の翻訳,紹介に貢献。特に『イワン・デニーソヴィチの一日』Odin den iz zhizni lvana Denisovicha(1962),『煉獄のなかで』V kruge pervom(1968),『収容所群島』Arkhipelag Gulag(1973~76)などの一連の翻訳で,アレクサンドル・I.ソルジェニーツィンを日本に紹介した業績が高く評価されている。ほかにアレクサンドル・S.プーシキン,フョードル・M.ドストエフスキー,アレクセイ・K.トルストイ,アントン・P.チェーホフ,現代文学のイリヤ・G.エレンブルグなど,翻訳は多数に上る。1958年以来頻繁にソビエト連邦を訪問し,文学者,芸術家らと交流を重ね,『ロシア文学の周辺』(1971),『ロシアの美的世界』(1977)など,ロシア美術,教会建築,文化や風俗をテーマにした著書がある。1980年代に発表したソ連の閉鎖的な体制を批判した論文は『ソ連を視る目』(1987)などに収められている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

木村浩 きむら-ひろし

1925-1992 昭和後期-平成時代のロシア文学者。
大正14年3月8日生まれ。昭和61年静岡県立大教授。ロシアの文学と美術の翻訳,紹介にとりくむ。「収容所群島」をはじめとするソルジェニーツィン作品の翻訳で知られる。平成4年10月30日死去。67歳。東京出身。東京外事専門学校(現東京外大)卒。著作に「ロシア文学の周辺」「ロシアの美的世界」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

木村浩の関連キーワードゲラシモフ(Aleksandr Mihaylovich Gerasimov)セローフ(Valentin Aleksandrovich Serov)イワーノフ(Aleksandr Andreevich Ivanov)ブルーニ(Fyodor Antonovich Bruni)ペブスナー(Antoine Pevsner)白痴(ドストエフスキーの小説)フェオファン・グレッグボリソフ・ムサートフペトロフ・ウォトキンコンチャロフスキーアンナ・カレーニナマンデリシュタームシュプレマティズムアイワゾフスキーベレシチャーギンソルジェニツィンエフトゥシェンコヤウレンスキーディオニーシーキプレンスキー

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

木村浩の関連情報