コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木蘭辞 もくらんじ Mu-lan-ci

2件 の用語解説(木蘭辞の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

木蘭辞
もくらんじ
Mu-lan-ci

中国,六朝時代の長編叙事詩。作者未詳。一説に唐代の作ともいわれる。徴兵された老父に代って男装して出征した木蘭が数々の武功をあげて高い位を得るが,それを捨てて帰国し,もとの女性の姿に戻る物語を,五言を基調とする前後2編に分れた 62句でうたったもの。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

木蘭辞
もくらんじ

中国の北朝(5、6世紀)ごろの長編の叙事詩。北方の横吹(おうすい)曲の一つであり、『楽府(がふ)詩集』巻25に収められている。木蘭という若い女性が、年老いた父親にかわって男装して出征し、遠く寨北(さいほく)の地に転戦して功をたて、高い爵位を獲得するが、それを捨てて帰郷する、という素朴で民謡的な調子の作である。この「木蘭従軍」の説話は今日でも広く華北・華中に流布し、各地に木蘭の廟(びょう)があり、戯劇や講談にも取り入れられている。また映画(1937年映画化、39年日本公開)や劇に上演された。日本でも戦時下の1941年(昭和16)白井鉄造作・演出の音楽劇『木蘭従軍』として上演されたことがある。[藤田祐賢]
『伊藤正文・一海知義編訳『中国古典文学大系16 漢魏六朝詩集』(1972・平凡社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

木蘭辞の関連キーワードフィルダウシー福富草子李季孝女白菊の歌浜出六朝文化サンティアゴ/はるかなる未来の叙事詩伊波南哲ハムサ作者未詳歌

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone