コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

未熟土 みじゅくど immature soil

2件 の用語解説(未熟土の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

未熟土

完全な土壌断面が発達していない土壌[Glinka : 1914, Robinson : 1924].

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

未熟土
みじゅくど
immature soil

地球上に陸地が生ずると、岩石圏と大気圏との接触による自然の変化が始まる。すなわち、岩石が地表付近での侵食、風化などの作用で土壌に変わるが、それには長い時間が必要である。熱帯多雨地方のように強い風化作用が働く所でも、いわゆる成熟した土壌(ラトソルまたは赤色土)が生成するには数千年の期間がかかると思われる。成熟土では地表から1メートル以上の深さの垂直断面に層位の分化が明瞭(めいりょう)に認められ、一般にその土地の気候と植生に特徴づけられた土壌型となる。それに対し、十分な生成期間を経ていない土壌の層位分化は不明瞭で、その場所の気候や植生などの環境を反映した断面形態をもっていない。このような未発達段階の土壌を未熟土という。未熟土には母材の岩石の鉱物組成や堆積(たいせき)地層の粒状などがあまり変わらずに残っている。たとえば山地の斜面では、母岩の機械的風化物からなる角礫(かくれき)質粗粒土壌が地表を薄く被覆している。河川の氾濫(はんらん)堆積物による新しい扇状地や氾濫原平野には、泥土混じりの砂礫からなる軟弱な土壌が、未熟土の状態で存在する。[浅海重夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の未熟土の言及

【火山灰土壌】より

…噴出後1000年未満の火山灰は,まだ風化が進まず黒い表土の発達も不十分のことが多い。このような未発達の火山灰土壌は,土壌分類では未熟土とされる。現在も活動中の火山の周辺にこの土壌の分布がひろい。…

※「未熟土」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

未熟土の関連キーワード沖積土ラテライト断面インセプティソルエンチソルクリープ土壌シフティング土壌正常土壌土壌断面土壌の分類ファスク

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone