コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

末宗瑞曷 まっしゅう ずいかつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

末宗瑞曷 まっしゅう-ずいかつ

1535-1609 戦国-江戸時代前期の僧。
天文4年生まれ。臨済(りんざい)宗。甲斐(かい)(山梨県)恵林寺の快川紹喜(かいせん-じょうき)の法をつぐ。天正10年恵林寺が織田勢の焼き討ちをうけたおり,脱出。14年徳川家康の命で寺の再建にあたった。のち京都妙心寺住持。慶長14年7月17日死去。75歳。三河(愛知県)出身。通称は木挽翁。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

末宗瑞曷の関連キーワード松平清康スフォルツァ家ヨアヒム1世石川家成カブラルカブラルアラン(伯家)[スコットランド]フェルディナンド1世[メディチ家]フェルフーフコジモ2世

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android