コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本多猪四郎 ホンダイシロウ

2件 の用語解説(本多猪四郎の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ほんだ‐いしろう〔‐ゐシラウ〕【本多猪四郎】

[1911~1993]映画監督。山形の生まれ。特殊撮影監督である円谷英二(つぶらやえいじ)とのコンビで多くの怪獣映画を手がけ、ブームを巻き起こした。代表作「ゴジラ」「空の大怪獣ラドン」「モスラ」「マタンゴ」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

本多猪四郎 ほんだ-いしろう

1911-1993 昭和後期-平成時代の映画監督。
明治44年5月7日生まれ。日大在学中の昭和7年PCL(東宝の前身)に入社。26年「青い真珠」で監督デビュー。29年特殊撮影監督円谷(つぶらや)英二とくんだ「ゴジラ」が大ヒット。「空の大怪獣・ラドン」「地球防衛軍」「モスラ」「キングコング対ゴジラ」などを手がけ,SF怪獣映画のパイオニアとして国際的に知られる。平成5年2月28日死去。81歳。山形県出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の本多猪四郎の言及

【SF映画】より


[H.G.ウェルズからB級映画へ]
 SF映画の歴史は,1895年,イギリスの作家H.G.ウェルズが彼の空想科学小説《タイム・マシン》(1895)のイメージを,友人の科学者R.ポールの協力のもとに,当時発明されたばかりの〈映画〉と幻灯を駆使して,遊園地のびっくりハウス的な幻覚ショーを催したときに始まる。これは一種の疑似体験としての世界最初の視聴覚メディアの実験でもあった。次いで1902年,フランスの奇術師G.メリエスがJ.ベルヌの空想科学小説から初の〈SF映画〉《月世界旅行》を完成した。…

※「本多猪四郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

本多猪四郎の関連キーワード大橋吉之輔桂春蝶(2代)北川省一田井洋子辻隆中義勝早崎治山下和夫河野道代山田宗徧(3)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

本多猪四郎の関連情報