コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

魂胆 コンタン

デジタル大辞泉の解説

こん‐たん【魂胆】

心に持っているたくらみ。策略。「何か魂胆のありそうな顔」
入り組んだ事情。内情。
「―の来た夜初会は微塵なり」〈柳多留・一二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こんたん【魂胆】

( 名 ) スル
〔「たましい」の意〕
心中にいだいているたくらみ。また、悪巧み。 「独り占めしようという-だな」 「花柳に戯れ、借金に-する内情/福翁百余話 諭吉
こみいった事情。
情人。 「道でおとしたか-のうちに落したか/洒落本・蚊不喰呪咀曽我」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

魂胆の関連キーワード嘆・丹・単・反・單・嘆・坦・憚・憺・担・探・擔・旦・歎・淡・湍・湛・炭・疸・痰・短・站・端・箪・簞・綻・緞・耽・胆・膽・蛋・誕・譚・貪・鍛今・困・坤・墾・婚・建・恨・懇・昆・昏・根・梱・混・渾・痕・紺・褌・金・魂イサベル[1世]偐紫田舎源氏フェニック掻きのめす鳥居旋毛被・被衣見え見え好色文学豆右衛門見透かす手狭いふける根組み拳酒臭う

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

魂胆の関連情報