コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本然 ホンゼン

デジタル大辞泉の解説

ほん‐ぜん【本然】

のままで人の手が加わっていないこと。もともとの姿であること。ほんねん。「自己本然の姿」

ほん‐ねん【本然】

ほんぜん(本然)」に同じ。
「母がその子を手離したくない母性愛の―から」〈露伴・連環記〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ほんぜん【本然】

本来そうであること。人工を加えないで自然のままであること。ほんねん。 「 -の姿に立ちかえる」

ほんねん【本然】

ほんぜん(本然)」に同じ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

本然の関連キーワード全・前・善・喘・漸・然・禅・禪・繕・膳・髯ベロー(Saul Bellow)ギリシア哲学/用語品・奔・本・翻・飜人性論(中国思想)源氏物語玉の小櫛ミメーシス野中 四郎針ヶ谷夕雲カロッサ気質の性清巌宗渭穆山瑾英西有穆山前野良沢清巌宗謂窮理学イデア児童詩いけ花

今日のキーワード

118番の日

1月18日。海上保安庁への緊急通報用電話番号である「118」の啓発活動を行い、海の安全確保に努める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android