コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本荘藩 ほんじょうはん

藩名・旧国名がわかる事典の解説

ほんじょうはん【本荘藩】

江戸時代出羽(でわ)国由利郡本荘(現、秋田県由利本荘市)に藩庁をおいた外様(とざま)藩。藩校は修身館(しゅうしんかん)(明治維新後に総教館と改称)。この地は、亀田藩と同様、最上(もがみ)氏が支配していたが、1622年(元和(げんな)8)に最上氏が改易(かいえき)処分を受けたことで、翌23年に常陸(ひたち)国府中1万石の六郷政乗(ろくごうまさのり)が1万石加増され2万石で転封(てんぽう)(国替(くにがえ))、本荘藩の藩祖となった。六郷氏の出身は、出羽国仙北(せんぼく)郡六郷の豪族だった。本荘藩の立藩後、明治維新まで藩主は六郷氏11代を数えた。戊辰(ぼしん)戦争では、新政府を支持して秋田藩とともに庄内藩征討に当たった。その功で1869年(明治2)に賞典禄1万石を受けたが、71年の廃藩置県により、本荘県を経て秋田県に編入された。

出典 講談社藩名・旧国名がわかる事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

本荘藩
ほんじょうはん

出羽(でわ)国本荘(秋田県由利(ゆり)本荘市)周辺を領有した外様(とざま)藩。藩主六郷(ろくごう)氏。2万石。1623年(元和9)常陸(ひたち)府中1万石の六郷政乗(まさのり)が、1万石を加増されてこの地に立藩、11代にわたり在封。戊辰(ぼしん)戦争では11代政鑑(まさあきら)が新政府に与(くみ)し賞典禄1万石を与えられた。廃藩置県で本荘県となり、のち秋田県に編入。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

本荘藩の関連キーワード由利海岸波除石垣由利本荘(市)本荘[市]六郷政乗本荘城子吉川最上

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android