コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本荘藩 ほんじょうはん

2件 の用語解説(本荘藩の意味・用語解説を検索)

藩名・旧国名がわかる事典の解説

ほんじょうはん【本荘藩】

江戸時代出羽(でわ)国由利郡本荘(現、秋田県由利本荘市)に藩庁をおいた外様(とざま)藩。藩校は修身館(しゅうしんかん)(明治維新後に総教館と改称)。この地は、亀田藩と同様、最上(もがみ)氏が支配していたが、1622年(元和(げんな)8)に最上氏が改易(かいえき)処分を受けたことで、翌23年に常陸(ひたち)国府中1万石の六郷政乗(ろくごうまさのり)が1万石加増され2万石で転封(てんぽう)(国替(くにがえ))、本荘藩の藩祖となった。六郷氏の出身は、出羽国仙北(せんぼく)郡六郷の豪族だった。本荘藩の立藩後、明治維新まで藩主は六郷氏11代を数えた。戊辰(ぼしん)戦争では、新政府を支持して秋田藩とともに庄内藩征討に当たった。その功で1869年(明治2)に賞典禄1万石を受けたが、71年の廃藩置県により、本荘県を経て秋田県に編入された。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

本荘藩
ほんじょうはん

出羽(でわ)国本荘(秋田県由利(ゆり)本荘市)周辺を領有した外様(とざま)藩。藩主六郷(ろくごう)氏。2万石。1623年(元和9)常陸(ひたち)府中1万石の六郷政乗(まさのり)が、1万石を加増されてこの地に立藩、11代にわたり在封。戊辰(ぼしん)戦争では11代政鑑(まさあきら)が新政府に与(くみ)し賞典禄1万石を与えられた。廃藩置県で本荘県となり、のち秋田県に編入。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

本荘藩の関連キーワード東由利本荘由利本荘市出羽由利本荘石川善兵衛仁賀保挙誠牧野梅僊矢島満安由利八郎

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

本荘藩の関連情報