コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朽木元綱 くつき もとつな

4件 の用語解説(朽木元綱の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

朽木元綱 くつき-もとつな

1549-1632 織豊-江戸時代前期の武将。
天文(てんぶん)18年生まれ。朽木晴綱の子。近江(おうみ)(滋賀県)高島郡朽木荘を本拠に,足利義昭,織田信長,豊臣秀吉につかえる。関ケ原の戦いでは小早川秀秋とともに西軍から東軍に転じ,戦後朽木荘など9500石余をみとめられた。寛永9年8月29日死去。84歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

朽木元綱

没年:寛永9.8.29(1632.10.12)
生年:天文18(1549)
戦国時代の武将。父は晴綱。母は飛鳥井雅綱の娘。三好長慶と対立した将軍足利義輝が天文20(1551)年より1年足らず,さらに同22年より4年余りを朽木氏の本領朽木谷(滋賀県朽木村)で過ごした際,叔父たちがこれに近侍。元綱は義輝暗殺後の永禄11(1568)年,足利義昭から所領を安堵された。元亀1(1570)年,越前朝倉義景を攻めた織田信長が浅井長政寝返りにあって退路を阻まれた際,朽木越えで京都に導くなどの功績をあげ,信長,次いで豊臣秀吉に仕えた。文禄4(1595)年,高島郡蔵入地の代官を務める。慶長5(1600)年の関ケ原の戦では最初石田三成方に属したため,朽木荘など9595石の安堵にとどまったが,その後徳川方として大坂の陣に参加。中世以来の所領を維持し,近世大名への道を開いた。

(石田晴男)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

くつきもとつな【朽木元綱】

1549‐1632(天文18‐寛永9)
戦国末期~江戸初期の武士。幼名竹松丸。通称弥五郎。信濃守,河内守。晴綱の子。室町幕府の将軍足利義昭に仕え,1568年(永禄11)近江国高島郡朽木荘の本領を安堵された。その後,織田信長ついで豊臣秀吉に従い,90年(天正18)従五位下河内守に叙任された。94年(文禄3)秀吉より高島郡の蔵入地9203石余の代官に任じられ,また98年(慶長3)には越前国今南東郡下新荘内新村の検地代官をつとめた。1600年の関ヶ原の戦では,はじめ西軍の大谷吉継(隆)に属したが,小早川秀秋らとともに途中から東軍に寝返り,その功によって徳川家康より9500石余の本領を安堵された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

くつきもとつな【朽木元綱】

1549~1632) 安土桃山・江戸前期の武将。近江の人。織田信長・豊臣秀吉に仕えた。関ヶ原の戦では西軍から東軍に転じた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朽木元綱の関連キーワード飛鳥井雅香飛鳥井雅孝飛鳥井雅綱飛鳥井雅俊飛鳥井雅豊飛鳥井雅春飛鳥井雅康紀三冬飛鳥井流飛鳥井雅顕

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone