コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朽木渓谷 くつきけいこく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

朽木渓谷
くつきけいこく

滋賀県北西部,高島市西部にある安曇川中流の渓谷朽木谷ともいう。野尻から下流の荒川付近までの間をさす。安曇川が流路を北から東に転じて比良山地を横切る先行谷で,基盤岩石が浸食され渓谷美をつくる。アユの釣り場で紅葉の名所。近江耶馬渓とも呼ばれる。朽木・葛川県立自然公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

朽木渓谷
くつきけいこく

滋賀県中西部、高島市朽木の安曇(あど)川上流の渓谷。荒川橋から上流の高岩橋までの約3キロメートルをいい、丹波(たんば)高地や比良(ひら)山地の500~900メートルの山々で囲まれる。安曇川は穿入蛇行(せんにゅうだこう)しながら東流し、近江耶馬渓(おうみやばけい)ともよばれる景勝地をつくる。朽木葛川(かつらがわ)県立自然公園の中心で、JR湖西線安曇川駅からバス便がある。なお、安曇川流域の河谷を朽木谷とよび、古くから開けた地であったらしい。奈良時代には東大寺建築の用材の一部を筏(いかだ)で流したという。[高橋誠一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

朽木渓谷の関連キーワード安曇川(川)高橋誠一