コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安曇川 あどがわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

安曇川
あどがわ

滋賀県北西部,高島市中南部の旧町域。安曇川の中・下流域にあり,北西および西部の洪積台地と東部沖積平野からなる。1954年安曇町,広瀬村,青柳村,本庄村の 4町村が合体して安曇川町が成立。2005年マキノ町,今津町,朽木村,高島町,新旭町の 5町村と合体して高島市となった。米作を主とし,京扇子になる扇骨を特産。ほかに高島硯,雲平筆も知られている。繊維工業も行なわれる。中心集落の田中は 1929年江若鉄道(こうじゃくてつどう)の駅開設後に発展したところ。下流域の南舟木は室町時代に材木座があり,安曇川流送の木材集散地であった。北舟木には御厨があり,河川漁業の特権をもち,今日もによる小アユ,ハス漁が行なわれる。小川には中江藤樹藤樹書院跡(国指定史跡)や藤樹神社がある。東方の琵琶湖岸一帯は琵琶湖国定公園に,安曇川上流は朽木・葛川県立自然公園に属する。

安曇川
あどがわ

滋賀県西部の川。京都府花背峠,百井峠付近に発し,比良山地西側の花折断層(→花折峠)に沿って高島市南西部朽木の谷を北流,途中で針畑川,麻生川を合わせて東流し,河口三角州をつくって琵琶湖西岸に注ぐ。全長 58km。湖西第一の川。川をさかのぼって,国道367号線が京都に通じる。江戸時代,上流域の木材が朽木から流送されて,河口の舟木に集められた。中流護岸堤の竹藪のタケは扇骨に用いられ,下流の漁(やなりょう)は特異な漁法として知られる。河口の北舟木は放流用小アユの有数の漁獲地。上流域は朽木・葛川県立自然公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

あど‐がわ〔‐がは〕【安曇川】

《「あとかわ」とも》京都府・滋賀県を流れる淀川水系の川。京都市左京区北東部の花脊(はなせ)峠(標高769メートル)付近の山中に源を発し、大津市・高島市を流れて琵琶湖西岸に注ぐ。長さ52キロ。上流は大川と呼ばれ、「近江(おうみ)耶馬渓(やばけい)」といわれる峡谷の景勝地。下流のデルタ地帯は早場米の産地。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

あどがわ【安曇川】

滋賀県西部,高島郡の川。幹川流路延長79km,全流域面積310.1km2。京都府百井峠付近に源を発し,主流は比良(ひら)山地と丹波高地との間の花折断層をほぼ直線的に北流して,針畑川,北川,麻生川などの支流を合わせ,朽木村市場付近で東に転じ,広い三角州を形成して琵琶湖西岸に注ぐ。上流部は,南は葛川谷,北は朽木谷とよばれ,両岸ともに断崖が迫り,耕地が少なく,林業が卓越している。木材は古くはいかだ流しで河口の安曇川町南舟木に集められた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

あどがわ【安曇川】

滋賀県北西部、高島市の地名。琵琶湖に面し、東部には安曇川の三角州が広がる。扇骨業で知られる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔京都府〕安曇川(あどがわ)


京都市北東部から滋賀県西部を流れる川。1級河川(淀(よど)川水系)。延長58km。丹波(たんば)高地の花脊(はなせ)峠付近に源を発し、北流次いで北東流し、琵琶(びわ)湖湖岸に広大な三角州をつくり琵琶湖に注ぐ。上・中流は峡谷が発達。下流ではアユの梁(やな)漁が盛ん。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

安曇川の関連キーワード近江聖人中江藤樹記念館朽木オートキャンプ場安曇川(旧町名)今津(滋賀県)河本 嘉久蔵滋賀県高島市安曇川〈町〉安曇川(川)安曇川[町]高島[市]青木 文教川島宇一郎高島(市)青木文教万木の森朽木渓谷近江盆地高島扇骨藤樹書院羽田八国

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

安曇川の関連情報