コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安曇川 あどがわ

6件 の用語解説(安曇川の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

安曇川
あどがわ

滋賀県北西部,高島市中南部の旧町域。安曇川の中・下流域にあり,北西および西部の洪積台地と東部の沖積平野からなる。1954年安曇町,広瀬村,青柳村,本庄村の 4町村が合体して安曇川町が成立。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

安曇川
あどがわ

滋賀県西部の川。京都府花背峠,百井峠付近に発し,比良山地西側の花折断層(→花折峠)に沿って高島市南西部朽木の谷を北流,途中で針畑川,麻生川を合わせて東流し,河口に三角州をつくって琵琶湖西岸に注ぐ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

あど‐がわ〔‐がは〕【安曇川】

《「あとかわ」とも》京都府・滋賀県を流れる淀川水系の川。京都市左京区北東部の花脊(はなせ)峠(標高769メートル)付近の山中に源を発し、大津市・高島市を流れて琵琶湖西岸に注ぐ。長さ52キロ。上流は大川と呼ばれ、「近江(おうみ)耶馬渓(やばけい)」といわれる峡谷の景勝地。下流のデルタ地帯は早場米の産地。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

あどがわ【安曇川】

滋賀県西部,高島郡の川。幹川流路延長79km,全流域面積310.1km2。京都府百井峠付近に源を発し,主流は比良(ひら)山地と丹波高地との間の花折断層をほぼ直線的に北流して,針畑川,北川,麻生川などの支流を合わせ,朽木村市場付近で東に転じ,広い三角州を形成して琵琶湖西岸に注ぐ。上流部は,南は葛川谷,北は朽木谷とよばれ,両岸ともに断崖が迫り,耕地が少なく,林業が卓越している。木材は古くはいかだ流しで河口の安曇川町南舟木に集められた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

あどがわ【安曇川】

滋賀県北西部、高島市の地名。琵琶湖に面し、東部には安曇川の三角州が広がる。扇骨業で知られる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔京都府〕安曇川(あどがわ)


京都市北東部から滋賀県西部を流れる川。1級河川(淀(よど)川水系)。延長58km。丹波(たんば)高地の花脊(はなせ)峠付近に源を発し、北流次いで北東流し、琵琶(びわ)湖湖岸に広大な三角州をつくり琵琶湖に注ぐ。上・中流は峡谷が発達。下流ではアユの梁(やな)漁が盛ん。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

安曇川の関連キーワード姉川肱川滋賀県高島市音羽滋賀県高島市鴨朽木〈村〉滋賀県高島市鹿ケ瀬滋賀県高島市高島滋賀県高島市野田滋賀県高島市拝戸滋賀県高島市畑

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

安曇川の関連情報