コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

先行谷 せんこうこくantecedent valley

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

先行谷
せんこうこく
antecedent valley

河川の流路を横切って地盤が隆起する場合,隆起の速さが下刻の速さに及ばなければ,その河川はもとの流路を保持して隆起部を貫流し,そこに峡谷をうがつ。このを先行谷,その河川を先行河川という。先行谷は山地を横断する横谷の一種。天竜川の天竜峡付近,吉野川大歩危 (おおぼけ) ,小歩危,ドイツのマインツ~ボン間のラインの峡谷などの例がある。横谷部には河岸段丘が発達して,その部分の隆起の状態を示すことが多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

先行谷【せんこうこく】

隆起した山脈に対してそれを横切るように流れる深い峡谷のこと。横谷の一種。山脈の隆起速度より谷の下刻速度が速い場合にできると考えられる。
→関連項目

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

せんこうこく【先行谷】

横谷の一。流路ができてのち、その中・下流部が隆起しても下刻が大きく作用し、その流路を維持して流れる河谷。隆起部を横切る部分は峡谷をなす。最上川(山形県)・天竜川(静岡県)・保津川(京都府)などにその例が見られる。先行川。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

先行谷
せんこうこく

先行川によってつくられた谷。川の流域を横切って土地が隆起して山地となる場合、土地の隆起の速度より川の下方侵食が大きければ、川は以前の流路を維持して流れる。このように山地の形成以前に流路が決定されていて、現在はその山地を横切って流れる川を先行河川(先行川)といい、先行河川のつくる谷が先行谷である。地盤の隆起速度が川の下刻速度より大きければ、山地の上流側に湖が生じたり、流路を転ずることになる。先行谷を生ずるためには、隆起部の岩石の抵抗性が小さいこと、隆起速度が小さく、流量の多いことが必要である。山地を横切る部分は峡谷をなす。出羽(でわ)丘陵を横切って日本海に注ぐ最上(もがみ)川、赤石山脈を横切る天竜川などが代表例で、東北日本に多い。山茂美]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の先行谷の言及

【横谷】より

…断層に沿って選択浸食が働き断層線谷を生ずる場合(断層地形)。川の流路を横切って土地が隆起するときに川の下刻が地盤の隆起速度にうちかって,以前の流路を維持して形成された先行谷となって山地を横切る場合。また,浸食の復活により軟らかい被覆層が削られて,その下の基盤の起伏とは無関係に発達してきた流路の途中に相対的に硬い部分の基盤岩石が山稜状の突出部として残った場合に,この突出部を横断してもとの流路を維持する表成谷または積載谷も横谷となる。…

【峡谷】より

…谷底には平たんな所が少なく,谷床平たん面を欠く。峡谷は,谷壁をなす部分の岩石が硬くて急崖を保持できるような所,河床勾配が急で下刻が活発に行われる所,先行谷や表成谷として山地を横切る所,すなわち河川の流路が決定された後に隆起などで生じた山地をそのままの流路を保って下刻した場合(先行谷)や,河川が基盤の構造に無関係にそのまま流路を保って下刻した場合(表成谷)などに形成される。また,乾燥気候下にあり,谷壁斜面上で雨食や風化が進まない地域の方が峡谷の形成に好都合な条件を備えている。…

※「先行谷」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

先行谷の関連キーワードビッグホーン山脈コロラド[川]キンバリー高原宇治川ライン神岡[町]ハンガリー内陸河川朽木渓谷天塩山地出羽山地最上川保津川石狩川天塩川表生谷表成谷先行川雄物川河谷回春

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android