朽木綱貞(2)(読み)くつき つなさだ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

朽木綱貞(2) くつき-つなさだ

1875-1929 明治-大正時代の軍人,化学工学者。
明治8年12月生まれ。もと丹波福知山藩(京都府)藩主朽木家13代朽木為綱(もりつな)の長男。陸軍にはいり,火薬研究所所長,造兵廠(しょう)火工廠長などをつとめる。大正10年陸軍少将。火薬,毒ガス研究の権威として知られた。子爵,貴族院議員。昭和4年9月6日死去。55歳。東京帝大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android