コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

杉村広蔵 すぎむら こうぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

杉村広蔵 すぎむら-こうぞう

1895-1948 昭和時代の経済哲学者。
明治28年10月3日生まれ。左右田(そうだ)喜一郎にまなび,大正14年母校東京商大(現一橋大)の助教授となり,昭和11年辞職。上海(シヤンハイ)日本商工会議所,貿易統制会などの理事をつとめる。昭和23年1月8日死去。54歳。北海道出身。著作に「経済哲学の基本問題」「経済倫理の構造」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の杉村広蔵の言及

【経済哲学】より

…またソシオ・エコノミックスといわれる研究も,経済行為の象徴論的解釈をめざすものであり,主観主義の経済哲学と深い関係をもちつつある。また,日本における左右田喜一郎(そうだきいちろう),杉村広蔵,本多謙三らによる経済哲学の試みも,この範疇(はんちゆう)と考えられる。 近代経済学が哲学とふれあう第2の局面は,いわゆる社会的厚生の問題をめぐってである。…

※「杉村広蔵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android