コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

杉村広蔵 すぎむら こうぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

杉村広蔵 すぎむら-こうぞう

1895-1948 昭和時代の経済哲学者。
明治28年10月3日生まれ。左右田(そうだ)喜一郎にまなび,大正14年母校東京商大(現一橋大)の助教授となり,昭和11年辞職。上海(シヤンハイ)日本商工会議所,貿易統制会などの理事をつとめる。昭和23年1月8日死去。54歳。北海道出身。著作に「経済哲学の基本問題」「経済倫理の構造」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の杉村広蔵の言及

【経済哲学】より

…またソシオ・エコノミックスといわれる研究も,経済行為の象徴論的解釈をめざすものであり,主観主義の経済哲学と深い関係をもちつつある。また,日本における左右田喜一郎(そうだきいちろう),杉村広蔵,本多謙三らによる経済哲学の試みも,この範疇(はんちゆう)と考えられる。 近代経済学が哲学とふれあう第2の局面は,いわゆる社会的厚生の問題をめぐってである。…

※「杉村広蔵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

杉村広蔵の関連キーワード日清戦争史(年表)新藤兼人深刻小説ゴーリキー(Maksim Gor'kiy)日清戦争樋口一葉レントゲン(Wilhelm Konrad Röntgen)木下恵介エレクトロニクス史(年表)リュミエール兄弟

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android