コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

経済哲学 けいざいてつがく

2件 の用語解説(経済哲学の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

けいざいてつがく【経済哲学】

科学としての経済学を自認する近代経済学が哲学とふれあう第1の局面は,仮説の演繹および仮説の検証をめぐる科学方法論に関してである。簡略にいえば,経済学の性格を自然科学のそれと類似のものにするための条件を探るのが経済哲学の主要な仕事になっている。その結果,K.R.ポッパー流の経験的反証可能性に関する議論が経済哲学の中心を占めており,理論仮説の前提をなす公理,公準あるいは基本的仮定に関する意味解釈は形而上学に属するとして退けられる傾向にある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

経済哲学
けいざいてつがく

経済とは何か、経済生活は人間にとってどのような意味をもっているか、というような経済学の根底にあるものを究明する学問。経済生活の基本は、人間の衣食住を満たすことにある。しかし、経済問題の受け止め方は、時代によって異なっており、また、その国の歴史的条件や社会的状況によっても大きく異なっている。古くから哲学者や宗教家などによって、その思想の一環としてさまざまな経済観が示されてきた。しかし、それらは断片的なものであり、また、国家や都市、あるいは宗教などの見方からすると、経済は従属的なものとしてしか、とらえられていなかった。
 近代科学としての経済学が成立してからは、経済学と哲学とは相互にかかわり合いながら発展してきており、また、優れた経済学者はすべて経済哲学的思考を行っている。たとえば、古典派経済学の創始者アダム・スミスは、近代的合理主義と予定調和的楽観主義との総合が経済学の基礎であると考え、またスミスの経済学を学んだ19世紀初期の哲学者ヘーゲルは、市民社会を国家から分離して考察した。そして経済学者であり哲学者でもあったカール・マルクスは、ヘーゲルの市民社会論を批判的に受け止め、近代社会の基礎構造は経済にあるとして、近代資本主義の運動法則を解明した。彼は、労働価値説を基礎に、資本主義経済の矛盾体系を根本的に解明することを経済哲学に求めた。
 一方、こうした古典的経済学の認識論とは違った経済哲学を探究した学者もいる。新カント派とくにH・リッケルトの影響を受けて、ドイツ観念論はこの立場から人生における経済生活を根元的に究明した。日本でこの立場から経済哲学を展開したのが左右田喜一郎(そうだきいちろう)である。彼は、経済哲学の内容を、経済学に特殊の認識論的根拠を与え(経済学認識論、経済学方法論)、経済生活の目的と意義を解明する(経済形而上(けいじじょう)学、経済本質論)ものとした。そして、経済学の基本概念を究明して、これを貨幣価値に求め、さらにその内面構造を明らかにし、経済本質論として位置づけた。左右田の後継者である杉村広蔵(こうぞう)は、ドイツの哲学者W・ディルタイの世界観学的方法によって経済諸学派の世界観的根底を分析し、それによって経済生活の根元的意味を総括した。彼は、左右田の経済哲学の理念を経済的実践論に求めて、独自の経済哲学をつくった。
 また、近代経済学においては、「最大多数の最大幸福」というベンサム的な視点に基づいて社会的厚生の問題を処理しようとしてきたが、効用の基準と個人との矛盾が生じるにつれて、改めて個人主義の立場から社会的厚生をどのように判断するかを解明せざるをえなくなってきている。M・ウェーバーは社会経済の本質を見抜き独自の理論を展開した。だが本質と現象と峻別(しゅんべつ)したため、市民社会を全体として主体的に把握できなかった。その点を克服すべく、現代経済学の基調は相対主義、内在主義に徹しようとする現代科学観にたった論理実証主義に向かった。
 20世紀後半の経済哲学は著しい経済成長のなかで、人間の生命の危機、とくに環境破壊にどのように対処するかが新たな課題となってきた。さらに1990年代のソ連・東欧の社会主義体制の崩壊に伴う世界市場化のなかで、市民社会のあり方、人間の生き方をどうするかが問われるようになった。それは現代資本主義の新しい諸課題である、地球環境の危機、国家間の格差、国内の所得格差、新たな貧困、民族紛争の危機をどのように克服するかを考えることが課題となったのである。かつてのような理論と現状分析の乖離(かいり)を克服し、現代資本主義の動体を正しく把握しつつ、人間の生き方を考えあわせることが重要である。現代の経済哲学は、現実の経済システムへの認識を深め、実証分析と理論分析ならびに政策分析の総合化が求められているといってよいであろう。さらに現代の経済哲学は、市民社会の本質を踏まえて経済学とヒューマニズムをどのように結び付けていくかが問われている。[清水嘉治]
『左右田喜一郎著『経済哲学の諸問題』(1917・佐藤出版部/新版・1972・岩波書店) ▽杉村広蔵著『経済哲学通論』改訂版(1944・理想社) ▽梯明秀著『経済哲学原理』(1962・日本評論社) ▽J・ロビンソン著、宮崎義一訳『経済学の考え方』(1966・岩波書店) ▽R・フォセール著、河野健二・水島茂樹訳『21世紀の世界システム』(1996・岩波書店) ▽L・C・サロー著、山岡洋一・仁平和夫訳『資本主義の未来』(1996・TBSブリタニカ) ▽高島善哉著「マルクスとヴェーバー――人間、社会および認識の方法」(『高島善哉著作集』第7巻所収・1997・こぶし書房) ▽M・ウェーバー著、富永祐治・立野保男訳『社会科学方法論』(岩波文庫) ▽J・シュムペーター著、塩野谷祐一・中山伊知郎・東畑精一訳『経済発展の理論』上下(岩波文庫) ▽都留重人著『科学的ヒューマニズムを求めて』(1998・新日本出版社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

経済哲学の関連キーワード行動経済学近代経済学経済学杉本栄一サプライサイドエコノミックス純粋経済学食料経済学大石泰彦関根友彦根岸隆

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

経済哲学の関連情報