コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

杉浦健造 すぎうら けんぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

杉浦健造 すぎうら-けんぞう

1866-1933 明治-昭和時代前期の医師。
慶応2年8月10日生まれ。吉岡順作とともに甲府盆地の地方病日本住血吸虫病の解明に努力。大正2年宮入慶之助によってミヤイリガイが中間宿主であることが発見されると,予防,駆除の方法を研究し,撲滅のための基礎をつくった。昭和8年8月15日死去。68歳。甲斐(かい)(山梨県)出身。
格言など】国家の基礎は国民に,人の幸福は健康に,保健の源は衛生にあり

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

杉浦健造の関連キーワードミヤイリガイ

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

杉浦健造の関連情報