コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

杉浦健造 すぎうら けんぞう

1件 の用語解説(杉浦健造の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

杉浦健造 すぎうら-けんぞう

1866-1933 明治-昭和時代前期の医師。
慶応2年8月10日生まれ。吉岡順作とともに甲府盆地の地方病日本住血吸虫病の解明に努力。大正2年宮入慶之助によってミヤイリガイが中間宿主であることが発見されると,予防,駆除の方法を研究し,撲滅のための基礎をつくった。昭和8年8月15日死去。68歳。甲斐(かい)(山梨県)出身。
【格言など】国家の基礎は国民に,人の幸福は健康に,保健の源は衛生にあり

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

杉浦健造の関連キーワード英学ルーマニア文学晩年伊豆の踊子丹下左膳池内蔵太海保漁村カッテンデイケ木下逸雲吉良仁吉

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

杉浦健造の関連情報