コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

杉浦盛樹 すぎうら しげき

1件 の用語解説(杉浦盛樹の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

杉浦盛樹 すぎうら-しげき

1811-1891 江戸後期-明治時代の歌人。
文化8年生まれ。信濃(しなの)(長野県)松本の人。天保(てんぽう)4年ごろ京都にでて,香川景樹(かがわ-かげき)に師事。帰郷して門人を養成,桂園派の歌風をひろめた。明治24年9月17日死去。81歳。初名は盛久。通称は金吾,如意太郎。号は心水。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

杉浦盛樹の関連キーワード坂東彦三郎(3代)古史伝エレキテル朝鮮通信使日本幽囚記チェコ文学余震ゴンチャロフ畠山勇子ブラキストン

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone