盛久(読み)モリヒサ

世界大百科事典 第2版の解説

もりひさ【盛久】

能の曲名。四番目物現在物観世元雅(もとまさ)作。シテは主馬盛久(しゆめのもりひさ)。平家の侍盛久は,源平の戦いで生捕りにされ,土屋某(ワキ)の手で関東へ護送される。盛久は途中清水(きよみず)の観音へ別れの参拝を許され,輿(こし)に乗せられて東海道を下った。逢坂山を越え,瀬田の橋を渡り,老蘇(おいそ)の森,熱田の浦を経て,〈命なりけり〉と古歌に詠まれた小夜(さよ)の中山,〈変わる淵瀬(ふちせ)〉といわれる大井川を過ぎ,富士を仰ぎ箱根を越えて鎌倉に着いた(〈下歌(さげうた)・上歌(あげうた)・ロンギ等〉)。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

もりひさ【盛久】

能の一。四番目物。観世十郎元雅作。捕らえられて鎌倉へ送られた平家の侍盛久が、由比ヶ浜の刑場で斬られようとしたとき、太刀持ちの打ち下ろした刀が二つに折れるという奇跡が起こり、助命される。清水観音の利益りやくとして脚色されている。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

盛久
もりひさ

能の曲目。四番目物。五流現行曲。観世元雅(かんぜもとまさ)作。父の世阿弥(ぜあみ)自筆の台本が現存する。出典は『長門(ながと)本平家物語』。捕らえられた平家譜代(ふだい)の武将主馬判官(しゅめのはんがん)盛久(シテ)は、護送の土屋三郎(ワキ)に頼み、信仰する清水(きよみず)の観世音(かんぜおん)に参詣(さんけい)し、死の待つ鎌倉への旅を行く。処刑の前夜、観音(かんのん)経を読誦(どくじゅ)して霊夢を受ける。由比(ゆい)の浜で首を切られようとするとき、太刀(たち)持ち(ワキツレ)の刀が折れる奇跡が生まれ、同じ夢をみて感動した源頼朝(よりとも)によって命が許され、祝杯を授けられて喜びを舞う。信仰に支えられた人間の強さ、運命の前にたじろがぬ古武士の風貌(ふうぼう)を描いた佳作である。この能の前編ともいうべき『生捕(いけどり)盛久』があるが、今日では上演されない。[増田正造]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

盛久の関連情報