コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

李上佐 りじょうさYi Sangjwa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

李上佐
りじょうさ
Yi Sangjwa

朝鮮,李朝前期の画家全州の出身。字は公祐,号は学圃。士人の奴であったが,幼少より画技にすぐれていたため中宗に取立てられ,16世紀初期に図画署の画員となった。山水,人物を得意とし,安堅,姜希顔 (きょうきがん) らとともに李朝前期を代表する画家として著名。画風は中国南宋の馬遠夏珪の作風を受継ぐ。代表作『松下歩月図』 (韓国国立中央博物館) ,『暇閑眠図』『達磨図』。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

李上佐【りじょうさ】

朝鮮,李朝の中宗・明宗朝(1506年―1567年)の画家。生没年不詳。士人の奴であったが,中宗に画才を認められ,図画署に登用された。中宗や功臣の肖像や山水を描いたが,その山水画《松下歩月図》には馬遠形式の影響が著しい。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

りじょうさ【李上佐 (R)I Sang‐jwa】

朝鮮,李朝中期の中宗~明宗朝(1506‐67)ころに活躍した李朝の代表的画家。生没年不詳。字は公祐,号は学圃。私奴婢の出であったが,中宗の恩遇を受けて図画署の画員となり,1544年(中宗38),劉向著《列女伝》翻刻の際に挿図を描き,中宗が没した翌年(1545)には王の肖像を描いた。特に山水人物をよくし,作風は馬遠風な南宋院体画の影響を強く感じさせる。代表作に《松下歩月図》(ソウル国立中央博物館)が知られる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

李上佐の関連キーワード朝鮮絵画李巌

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android