コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

李璟 りけいLi Jing; Li Ching

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

李璟
りけい
Li Jing; Li Ching

[生]貞明2(916)
[没]建隆2(961)
中国,五代十国南唐の第2代王 (在位 943~961) 。初名は景通。字は伯玉。廟号は元宗。中主と呼ばれることが多い。南唐の烈祖李べんの長子。初め呉に仕え,べんが南唐を建てると斉王から皇太子に立てられ,保大1 (943) 年烈祖が死ぬと即位した。 閩 (びん) を合併するなど国力盛んで中原を制したが,やがて敗戦や天災が重なり,後周の属国となった。政治的には失敗したが,芸術を愛し,豊富な経済力をもって,争乱を避けて逃げてくる文人を保護し,高い文化を誇った。徐鉉,馮延已らを臣下としてみずからも詩詞を作り,特に詞では息子の後主李 煜 (りいく) とともに「南唐二主」と称されるが,現存する確かな作はわずか3首にすぎない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


りえい
(916―961)

中国、五代南唐の第2代の国主。中主(ちゅうしゅ)または嗣主と称される。初め景通(えいつう)といったが、のちにに改めた。徐州(江蘇(こうそ)省)の人、また湖州(浙江(せっこう)省)の人ともいわれる。943年(保大1)に即位、在位19年にして没した。才芸に富み、読書を愛好し、詩、書をよくした。詞はもっとも得意とするところで、子の後主(こうしゅいく)とともに新境地を開いたが、今日伝わる詞はわずか4首にしかすぎない。詩も断片若干と七言律詩1首を伝えるだけである。『浣渓沙(かんけいさ)』(詞)の「細雨(こさめ)に夢の回(さ)めて鶏塞(けいさい)遠く、小楼(さどの)に吹き徹(つ)くして玉笙(ぎょくしょう)寒し」の句は、古来より名句として名高い。詞4首は、後主の作品とあわせて『南唐二主詞』に収められる。[青山 宏]
『村上哲見注『中国詩人選集 16 李』(1959・岩波書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の李璟の言及

【文房四宝】より

…文房四玩とか,文房四友あるいは文房四侯ともいう。中国で文房具に特に興味をもち出したのは漢代までさかのぼるようであるが,10世紀初期,五代の南唐の中主(李璟(りえい)),後主(李煜(りいく))という風流天子が出て,李廷珪(りていけい)の墨,澄心堂紙などの高級品をつくらせて,文房具は空前の発達をみ,中国人の文房具趣味を促した。さらに10世紀後半,北宋の高官蘇易簡(そいかん)は,《文房四譜》(《文房四宝譜》ともいう)5巻を著し,筆譜2巻,硯・墨・紙譜各1巻,それに筆格,水滴をつけ加えて解説をほどこした。…

【李煜】より

…もと通俗歌謡にはじまる詞は,宋代になると抒情的韻文として流行するが,その過程において李煜の存在は重要である。父の南唐中主,李璟(りえい)も数は少ないが優れた詞を残しており,2人の作を併せた《南唐二主詞》がある。【村上 哲見】。…

※「李璟」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

李璟の関連キーワード南唐二陵文房四宝南唐文化周文矩馮延巳董源李煜

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android