コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中主 ちゅうず

2件 の用語解説(中主の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中主
ちゅうず

滋賀県琵琶湖南東岸にある野洲市北西部の旧町域。 1955年兵主村と中里村が合体して中主町成立。 2004年野洲町と合体し,野洲市となる。野洲川下流と日野川下流の間の沖積地にある。条里制の遺構があり,五条,六条といった地名が残る。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中主
ちゅうず

滋賀県中南部、野洲(やす)郡にあった旧町名(中主町(ちょう))。現在は野洲市の北西部を占める一地区。1955年(昭和30)中里、兵主(ひょうず)の2村が合併して町制施行。1957年中洲(なかす)村の一部を編入。2004年(平成16)野洲町と合併、市制を施行して野洲市となる。旧町域は、琵琶(びわ)湖南東岸、日野川と野洲川に挟まれた三角州上に位置し、国道477号が通じる。典型的な水田農業地域であるが、シュンギクなどの野菜や花卉(かき)の栽培が盛んで、工場の進出もみられる。『倭名類聚抄(わみょうるいじゅしょう)』服部(はとり)郷の地で、『延喜式(えんぎしき)』所収の兵主神社の庭園は国指定名勝。同神社の白絹包腹巻(しろきぬつつみはらまき)、蓮乗寺の木造毘沙門天立像などが国の重要文化財に指定されている。木部(きべ)の錦織(きんしょく)寺は真宗木辺(きべ)派の本山。菖蒲浜(あやめのはま)は「琵琶湖のマイアミ」とよばれる水泳場。[高橋誠一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中主の関連キーワード滋賀県野洲市北滋賀県野洲市北櫻滋賀県野洲市北野滋賀県野洲市北比江滋賀県野洲市木部滋賀県野洲市栄滋賀県野洲市辻町滋賀県野洲市堤滋賀県野洲市野洲滋賀県野洲市吉川

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

中主の関連情報