コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

村上量弘 むらかみ かずひろ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

村上量弘 むらかみ-かずひろ

1819-1850 江戸時代後期の儒者。
文政2年生まれ。筑後(ちくご)(福岡県)久留米(くるめ)藩士。昌平黌(しょうへいこう)にまなび,水戸の会沢正志斎に入門。藩主有馬頼永藩政改革をたすけ,のち参政となった。嘉永(かえい)3年6月14日藩政上の対立からか,おなじく参政の馬淵直道をおそって刺殺された。32歳。字(あざな)は士精。通称は守太郎。著作に「水戸見聞録」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

村上量弘の関連キーワードテーラーおらが春石田春律各務文献振鷺亭林国雄渡辺一閃緑岩粗粒玄武岩人情本

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone