コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

村山大島 ムラヤマオオシマ

世界大百科事典 第2版の解説

むらやまおおしま【村山大島】

村山大島紬,村山大島絣ともいうが,紬織でなく絹糸織絣の一種。着尺,羽尺用で,本場大島を模して作られた。江戸末期以来の村山紺絣や銘仙の生産地であった東京都武蔵村山市瑞穂町を中心に,埼玉県飯能市,入間市にわたって1919年ころから生産が始まった。当初は経緯玉糸使いで高機(たかばた)で織られたが,現在はほとんど糸織で独自の絣機で織る。絣合せは手仕事で行われる。大島絣と異なる点は板締絣のヘマテインエキスというマメ科のロッグウッドからとった染料を用いての掛染で,一部は摺込み技法をとり入れている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

むらやまおおしま【村山大島】

東京都武蔵村山市付近で織られる紬つむぎ織物。鹿児島県の大島紬を模して織り出されたもの。絣糸を板締めで染めるのが特徴。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

村山大島の関連キーワード東京都武蔵村山市本町武蔵村山[市]武蔵村山(市)比留間 妻吉東大和[市]比留間妻吉瑞穂[町]鹿児島県武蔵村山板締め東京都絣糸

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android