コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

村松喜兵衛 むらまつ きへえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

村松喜兵衛 むらまつ-きへえ

1642-1703 江戸時代前期の武士。
寛永19年生まれ。村松茂清の養子。播磨(はりま)(兵庫県)赤穂(あこう)藩士。赤穂四十七士のひとり。扶持方奉行,江戸詰で禄は20石5人扶持。長男の村松三太夫ともども吉良(きら)邸討ち入りに参加した。元禄(げんろく)16年2月4日切腹。62歳。本姓は堀江。名は秀直。
【格言など】命にもかへぬ一つを失はば逃げかくれてもここを遁(のが)れん(辞世)

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

村松喜兵衛の関連キーワードムスタファ2世信仰復興運動コルネイユサン=マールシャンメレ蔵巴汗レンブラントガリレイピューリタン革命リシュリュー(Armand Jean du Plessis de Richelieu)

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone