コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東国文献備考 とうごくぶんけんびこうTongguk-munhǒn-pigo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

東国文献備考
とうごくぶんけんびこう
Tongguk-munhǒn-pigo

朝鮮,朝鮮王朝 (李朝) 時代に成立した制度,文物を分類整理した類書英祖 46 (1770) 年に洪鳳漢,金致仁らにより撰述。 100巻。中国の『文献通考』を範として朝鮮在来の文献を 13目に分類する作業が行われた。さらに隆煕2 (1908) 年,朴容大に命じて 16目に改め,『増補文献備考』 (250巻) として刊行された。 16の目とは次のようなものである。象緯 (しょうい) ,輿地 (よち) ,帝系,礼,樂,兵,刑,田賦,財用,戸口,市糴 (してき) ,交聘 (こうへい) ,選挙,学校,職官,芸文 (げいもん) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とうごくぶんけんびこう【東国文献備考】

朝鮮,李朝後期の政書の一つ。100巻,40冊。1770年(英祖46)洪鳳漢等が英祖の命を受け,元の馬端臨撰《文献通考》にならい古今の文物制度のすべてについて,その沿革をのべ分類して13考とし,編纂して政務の参考とした。その後数度にわたり増訂改編されたが刊行されなかった。1903年(光武7)朴大容等が高宗の命により3度増修を行い改編して16考250巻とし,《増補文献備考》と名付け,08年に刊行,板本と鉛活字印本の2種がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

東国文献備考の関連キーワード英祖(朝鮮)

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android