コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東日記 あずまのにき

世界大百科事典 第2版の解説

あずまのにき【東日記】

俳諧撰集。池西言水(ごんすい)編。1681年(延宝9)刊。全2巻。四季の発句と歌仙9巻を収める。主な作者は言水,其角(きかく),才麿,桃青(芭蕉),友静,露沾(ろせん),幽山ら。才麿の序文に,〈これより先三たび句帖を顕はし,三度風体をかへて三たび古〉びたので,さらに新風を追求したのだと宣言する。作品は玉石混淆だが,談林から蕉風へ移る過渡期の俳風を余すところなく伝えている。【乾 裕幸】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

東日記の関連キーワード池西言水館通因滑り妻浮助

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

東日記の関連情報