コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東洋ラン とうようラン

2件 の用語解説(東洋ランの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

東洋ラン【とうようラン】

ラン科シュンラン属(シンビジウム属)のうちで,日本・中国の温〜亜熱帯に産するものを園芸的にいう。いずれも葉は線状で,偽球茎は小さく,花は3枚の萼片と1枚の唇弁(しんべん)を含む3枚の花弁からなり,鉢植として香りとその東洋的な姿を観賞する。
→関連項目ラン(蘭)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

東洋ラン
とうようらん

ラン科植物は園芸界では洋ランと東洋ランに分けることがあるが、熱帯から亜熱帯原産で、主として欧米で改良が始まったものを洋ランとよび、日本や中国大陸中・南部など主として温帯原産で、小形のものを東洋ランとよぶ。シンビジウム属が中心で、よく栽培されるものにシュンラン(春蘭)、カンラン(寒蘭)、ホウサイラン(報歳蘭)、スルガラン(駿河蘭)、ギョッカラン(玉花蘭)、イトラン(糸蘭)などがある。ほかにデンドロビウム属のセッコク(石斛)、ネオフィネティア属のフウラン(風蘭)などがある。[植村猶行]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

東洋ランの関連キーワードウラン系列洋蘭ルビジウムオンシジウムシンビジウムウランラジウム系列オキシカルジウムシプリペジウムクロストリジウム属河野通郎

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

東洋ランの関連情報