東洋ラン(読み)とうようらん

日本大百科全書(ニッポニカ)「東洋ラン」の解説

東洋ラン
とうようらん

ラン科(APG分類:ラン科)植物は園芸界では洋ランと東洋ランに分けることがあるが、熱帯から亜熱帯原産で、主として欧米で改良が始まったものを洋ランとよび、日本や中国大陸中・南部など主として温帯原産で、小形のものを東洋ランとよぶ。シンビジウムシュンラン)属が中心で、よく栽培されるものにシュンラン(春)、カンラン(寒蘭)、ホウサイラン(報歳蘭)、スルガラン(駿河蘭)、ギョッカラン(玉花蘭)、イトラン(糸蘭)などがある。ほかにデンドロビウム属のセッコク(石斛)、ネオフィネティア属のフウラン(風蘭)などがある。

[植村猶行 2019年5月21日]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「東洋ラン」の解説

東洋ラン【とうようラン】

ラン科シュンラン属(シンビジウム属)のうちで,日本・中国の温〜亜熱帯に産するものを園芸的にいう。いずれも葉は線状で,偽球茎は小さく,花は3枚の萼片と1枚の唇弁(しんべん)を含む3枚の花弁からなり,鉢植として香りとその東洋的な姿を観賞する。1茎に1花つくものと,多数花つけるものがあり,花色は白,緑,褐色など。おもな種類は日本に野生するシュンラン(春蘭),カンラン(寒蘭),ホウサイラン(報才蘭),スルガラン(駿河蘭),中国産の一茎九花(いっけいきゅうか),金稜辺,素心蘭,玉花蘭,鳳蘭(ほうらん)等。なお,同属の熱帯産の大型種は洋ランの中に入れられる。
→関連項目ラン(蘭)

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android