コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東海カーボン とうかいカーボン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

東海カーボン
とうかいカーボン

カーボンブラックで首位の窯業会社。 1918年寒川恒貞により東海電極製造として創立,電気製鋼用電極のほか,合金鉄,カーバイド用電極を製造。 28年電解板を完成。 1940年代はカーボンブラック,不浸透性黒鉛を開発し,輸出も行う。 50年代は高炉用炭素煉瓦,石灰窒素の生産を他社との合併などにより行う。 60年代は電極で発展。 75年現社名へ変更。特殊炭素製品,炭化ケイ素ウィスカーに展開している。 92年東洋カーボンと合併し,電極でも首位になった。売上構成比は,人造黒鉛電極 32%,カーボンブラック 36%,ファインカーボンほか 32%。年間売上高 597億 8900万円 (連結。うち輸出 18%) ,資本金 154億 3600万円 (1998) ,従業員数 826名 (1999) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本の企業がわかる事典2014-2015の解説

東海カーボン

正式社名「東海カーボン株式会社」。英文社名「TOKAI CARBON CO., LTD.」。ガラス・土石製品製造業。大正7年(1918)「東海電極製造株式会社」設立。昭和50年(1975)現在の社名に変更。本社は東京都港区北青山。炭素製品メーカー。自動車タイヤなどゴム製品用に使用されるカーボンブラックのシェアトップクラス。黒鉛電極・ファインカーボンでも大手。東京証券取引所第1部上場。証券コード5301。

出典|講談社日本の企業がわかる事典2014-2015について | 情報

東海カーボンの関連キーワード常用漢字新常用漢字表日野ルノー PA型PD6(T)型直6下垂体競技場長門(市)国連教育科学文化機関ユネスコUNESCO

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

東海カーボンの関連情報