コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東海宝鼎 とうかい ほうてい

1件 の用語解説(東海宝鼎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

東海宝鼎 とうかい-ほうてい

1726-1802 江戸時代中期-後期の画僧。
享保(きょうほう)11年生まれ。長崎の曹洞宗(そうとうしゅう)東海禅寺をへて水戸祇園(ぎおん)寺の住職。画を桜井山興にまなぶ。戯れにえがくフグの絵は「東海の河豚」とよばれたという。享和2年10月3日死去。77歳。常陸(ひたち)(茨城県)出身。俗姓は鈴木。別号に不豚。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

東海宝鼎の関連キーワード山中一揆安達清河グエン(阮)朝ドニエプロペトロフスク十返舎一九グエン朝常磐津兼太夫工場法タイソン党の乱箱館奉行

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone