コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松下元芳 まつした もとよし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松下元芳 まつした-もとよし

まつした-げんぽう

松下元芳 まつした-げんぽう

1831-1870* 幕末の医師。
天保(てんぽう)2年生まれ。筑後(ちくご)(福岡県)久留米(くるめ)藩医。広瀬淡窓(たんそう)に儒学を,中島泰民に蘭学をまなぶ。のち緒方洪庵(こうあん)の適塾にはいり塾頭をつとめる。また福沢諭吉の慶応義塾で英語をまなび,藩校医学館でおしえた。明治2年12月9日死去。39歳。名は寿太郎。
【格言など】漢よりいで蘭に入りまた英を学ぶ。吾,しいて仕えていまだ名を成さざるを恥ず(辞世)

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

松下元芳の関連キーワード広瀬淡窓

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android