コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

楫取素彦 かとりもとひこ

2件 の用語解説(楫取素彦の意味・用語解説を検索)

防府市歴史用語集の解説

楫取素彦

萩出身の志士。野村望東尼[のむらもとに]を山口の自宅に滞在させたり、明治26年に望東尼の墓を桑山に建てるのに力を尽くしています。晩年は防府で暮らし、亡くなりました。

出典|ほうふWeb歴史館
Copyright 2002,Hofu Virtual Site Museum,Japan
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

楫取素彦 かとり-もとひこ

1829-1912 幕末-明治時代の武士,官僚。
文政12年3月15日生まれ。長門(ながと)(山口県)萩(はぎ)藩士。江戸で安積艮斎(あさか-ごんさい)に師事。第2次幕長戦争では宍戸璣(ししど-たまき)に随行して広島にいき,幕府側との交渉にあたった。明治5年足柄県参事となり,熊谷・群馬の県令,元老院議官などを歴任。貴族院議員。大正元年8月14日死去。84歳。本姓は松島。初名は希哲。字(あざな)は士毅。通称は伊之助など。号は耕堂。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

楫取素彦の関連キーワード本田親雄岡田善長麻見義修白洲退蔵鈴木大高田小次郎鶴田伍一郎成田太郎矢田堀鴻

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

楫取素彦の関連情報