コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松平重直 まつだいら しげなお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松平重直 まつだいら-しげなお

1601-1643* 江戸時代前期の大名。
慶長6年生まれ。信濃(しなの)(長野県)松本藩主小笠原秀政(ひでまさ)の子。徳川秀忠(ひでただ)の命で松平重忠(しげただ)の養子となり,寛永3年出羽(でわ)上山(かみのやま)藩(山形県)藩主松平(能見(のみ))家をつぐ。摂津三田(さんだ)をへて,9年豊前(ぶぜん)竜王(大分県)に転封(てんぽう)となる。3万7000石。16年居城を豊後(ぶんご)(大分県)高田にうつした。寛永19年11月28日死去。42歳。通称は孫次郎

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

松平重直の関連キーワード松平英親三田藩豊前国

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android