コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松木与三左衛門 まつき よざえもん

2件 の用語解説(松木与三左衛門の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松木与三左衛門 まつき-よざえもん

?-1570 戦国-織豊時代の商人。
戦国大名今川氏の御用商人。松木家初代。駿河(するが)(静岡県)今宿(いまじゅく)で酒造業・高利貸をいとなみ,領主の財政にもつよい影響力をもった。同家は5代新左衛門のときが最盛期。元亀(げんき)元年10月6日死去。甲斐(かい)(山梨県)出身。名は宗義。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

松木与三左衛門
まつきよざえもん
(?―1570)

戦国時代の豪商。分家の矢入(やいり)家に伝わる「矢入系図」によれば、出自は藤原北家(ほっけ)とされ、宗綱(むねつな)の子で生年は不明、童名は岩丸、室は小浜民部少(おばまみんぶのしょう)の娘とある。友野氏とともに駿河(するが)(静岡県)今宿(いまじゅく)における今川氏の御用商人で、とくに京都上下の御用を勤め、蔵役、酒役などの課役を免除され、また高利貸も行い、領主財政、家臣団の経済生活にも深くかかわっていた。今川氏滅亡後は、武田氏のもとで子の与左衛門宗清(むねきよ)が諸商買役(しょうばいやく)、船役などを免許され、御用商人として活躍。織田政権のもとでも美濃柾(みのまさ)の問職(といしき)を安堵(あんど)され、分家の矢入家は近世においても駿府(すんぷ)(静岡市)を中心に活躍した。元亀(げんき)元年10月6日没。法名は存誉浄圓。[大久保俊昭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

松木与三左衛門の関連キーワード織豊時代渥美友吉円悦小原鎮実坂田甚八坂部正家塩屋宗悦寿昌祖栄真柄直元

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone