松本潤一郎(読み)まつもと じゅんいちろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松本潤一郎 まつもと-じゅんいちろう

1893-1947 大正-昭和時代の社会学者。
明治26年7月22日生まれ。大阪毎日新聞記者,法大教授などをへて,昭和13年東京高師教授となる。社会集団,社会過程,社会形象を総合的にみる「総社会学」を構築しようとした。昭和22年6月12日死去。55歳。千葉県出身。東京帝大卒。著作に「社会学原論」「集団社会学原理」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

松本潤一郎
まつもとじゅんいちろう
(1893―1947)

社会学者。明治26年7月22日、千葉県に生まれる。1918年(大正7)東京帝国大学卒業。一時大阪毎日新聞社で記者生活を送ったこともあるが、まもなく退社し、日本大学、中央大学、東京女子大学の講師、法政大学、東京高等師範学校教授として社会学を講じた。彼は矢つぎばやに『社会学原論』(1935)、『集団社会学原理』(1937)、『文化社会学原理』(1938)を発刊し、ほぼ体系化のための一般的作業を終了した。その体系の特色は、「総社会学」と自ら称しているように、従来の社会学が諸分派に分裂して帰一するところのない状況に批判的態度をとり、これらを一括してすべてを含む社会学の形成を企図したところにある。ジンメルによって代表される形式社会学や、その批判として生まれた文化社会学を、個別的に研究するのではなく両者の統合を図った点で、日本社会学界に与えた影響は大きいが、第二次世界大戦後まもなく死去(昭和22年6月12日)したのが惜しまれる。新明正道(しんめいまさみち)との総合社会学か総社会学かをめぐる論争は有名である。[鈴木幸寿]
『『社会学原論』(1935・弘文堂) ▽『集団社会学原理』(1937・弘文堂) ▽『文化社会学原理』(1938・弘文堂)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android