コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松村武雄 まつむらたけお

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

松村武雄
まつむらたけお

[生]1883.8.23. 熊本
[没]1969.9.25. 東京
神話学者。東京帝国大学英文科卒業。浦和高等学校教授,東京大学文学部,國學院大學各講師を務めた。ヨーロッパを中心とする諸神話と日本神話との比較研究に精力的な活動を展開し,歴史学民俗学的な視点を加えて神話学の理論的方法を打ち立てた。『神話学原論』 (2巻,1940~41) で帝国学士院恩賜賞,『日本神話の研究』 (4巻,1954~58) で朝日賞受賞。著書はほかに『神話学論考』『日本神話の実相』などがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松村武雄 まつむら-たけお

1883-1969 大正-昭和時代の神話学者。
明治16年8月23日生まれ。大正11年旧制浦和高教授,東京帝大宗教学科講師をかねる。日本の神話研究に文献学,民俗学などをとりいれた。昭和22年「神話学原論」で学士院恩賜賞。昭和44年9月25日死去。86歳。熊本県出身。東京帝大卒。著作はほかに「日本神話の研究」「童話教育新論」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の松村武雄の言及

【日本神話】より


[研究史]
 日本神話の研究は,すでに江戸時代に本居宣長や鈴木重胤らによって記紀の〈注釈〉という形で行われていたが,西欧の学説と方法を移入した近代的な〈神話研究〉は高木敏雄の《比較神話学》(1924)によって開始された。これは世界の神話・民族との比較検討により日本神話の普遍性とその系統を探るもので,この方法は松本信広,岡正雄,三品彰英らによって継承され,松村武雄の《日本神話の研究》(1954‐58)において大成された。この分野は吉田敦彦,大林太良らによってさらに推進されている。…

※「松村武雄」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

松村武雄の関連キーワードシベリア・中央アジア神話恩賜賞受賞者水田 光子一言主神大物主神倉稲魂命水田光子昭和時代伊奘諾尊伊奘冉尊保食神月読尊

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android