松浦一(読み)まつうら はじめ

美術人名辞典の解説

松浦一

英文学者。号は一如。東京生。東京帝大文科大学英文科卒。東京帝大講師・大正大教授を経て駒沢大・中央大各教授を務める。著書に『トルストイの芸術観』『文学の白光』等がある。昭和41年(1966)歿、85才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松浦一 まつうら-はじめ

1881-1966 大正-昭和時代の英文学者。
明治14年1月25日生まれ。母校東京帝大の講師をへて,大正15年大正大教授。のち駒沢大,中央大の教授。昭和41年8月13日死去。85歳。東京出身。号は一如。著作に「文学の本質」「文学の白光」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

まつうらいち【松浦一】

佐賀の日本酒。酒名は、松浦地方で一番の酒を造りたいという願いを込めて命名。大吟醸酒は山田錦を35%まで磨きあげて仕込む。ほかに純米大吟醸酒、吟醸酒、本醸造酒などがある。平成17、26年度全国新酒鑑評会で金賞受賞。原料米は山田錦、レイホウ、西海134号など。仕込み水は有田泉山「白磁泉」の湧水。蔵元の「松浦一酒造」は正徳6年(1716)創業。所在地は伊万里市山代町楠久。

出典 講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

松浦一の関連情報